• 無料相談
  • 事務所案内
  • スタッフ紹介
  • 料金
  • 申請までの流れ
  • トップページ
  • ブックマークへ追加
  • 無料相談の流れはこちから

教育訓練のための助成金

キャリア形成促進助成金

雇用する労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、下記の職業訓練等の実施等を行う事業主に助成します。

本助成金の助成対象訓練(1コースの助成対象訓練時間は20時間以上)は、以下の体系で構成されます。

政策課題対応型訓練
  1. 若年人材育成コース(採用後5年以内かつ35歳未満の若年労働者への訓練)
  2. 成長分野等人材育成コース(健康、環境等の重点分野での人材育成のための訓練)
  3. グローバル人材育成コース(海外関連業務に対する人材育成のための訓練)
  4. 熟練技能育成・承継コース(熟練技能者の指導力強化、技能承継のための訓練、認定職業訓練)
  5. 認定実習併用職業訓練コース(厚生労働大臣の認定を受けたOJT付き訓練)
  6. 自発的職業能力開発コース(労働者の自発的な能力開発に対する支援)
一般型訓練(政策課題対応型訓練以外の訓練)
政策課題対応型訓練
OFF-JT 経費助成(注1) 訓練に要した経費の1/2
賃金助成(注2) 受講者1人1時間当たり800円
OJT 実施助成(注3) 受講者1人1時間当たり600円
一般型訓練
OFF-JT 経費助成(注1) 訓練に要した経費の1/3
賃金助成(注2) 受講者1人1時間当たり400円
(注1)1人1コースあたりの訓練時間が300時間未満の場合は5万円、300時間以上600時間未満の場合は10万円、600時間以上の場合は20万円が限度となります。
(注2)1人あたりの賃金助成時間数は、1コースにつき原則1,200時間を限度となります。(認定職業訓練は1,600時間)。
(注3)認定実習併用職業訓練でOJTを実施する場合の助成で1人1コースあたり40万8千円が限度となります。

※この助成金には震災特例措置が設けられています。宮城県内にある事業所については訓練内容により助成額の優遇措置が設けられています。詳しくはお問い合わせください。

※原則として本助成金のサポートは顧問先様に限らせていただきます。

若者チェレンジ奨励金

35歳未満の非正規雇用の若者を、自社の正社員として雇用することを前提に。自社内での実際の仕事をしながらの実習(OJT)と座学(OFFJT)を組み合わせた訓練(若者チャレンジ訓練)を実施する事業主に、訓練奨励金を支給し、訓練終了後に正社員化した場合には正規雇用奨励金を正社員後1年経過後と2年経過後に支給されます。

訓練奨励金・・・1人につき月額15万円(訓練期間中)
正規雇用奨励金・・・正社員転換1年後 50万円、2年後 50万円

※この助成金の対象事業所となるには、1か月あたりに換算した時間が130時間以上の訓練計画を作成し、労働局等で事前に承認を受ける必要があります。

※対象労働者は、すでに雇用している非正規労働者か、この助成金の対象求人を出し、該当者としてハローワークより紹介を受けたものと採用した場合になります。

※本助成金のサポートは、原則として顧問契約をさせていただいている事業所様に限らせていただきます。

助成金の無料相談実施中 土日祝・夜間の相談も可能です。
助成金受給無料診断
助成金に関する費用の一覧 詳しくはこちらから
助成金とは
助成金活用のポイント
助成金の申請までの流れ
ご準備いただく物
お問合せ
無料相談・ご依頼の流れ
人所案内
スタッフ紹介
事務所へのアクセス
情報セキュリティー方針
プライバシーポリシー
サイトマップ
リンク集
マイナンバー制度のスタートに備えて
社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号141789
情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)
High Fieldグループ採用情報